カテゴリ:観る物( 26 )

芸が細かいっ!

c0044323_2326249.jpg以前よりお付き合いのある呉服屋さんに招待され、着物の展示会に行ってきました。いろいろ経緯があって行くことになったのですが、久々に目の保養にキレイな着物を見たり、おいしいお食事をいただいたり、かなり楽しませてもらいました (^ ^)

明治創業の古い呉服屋さんなので、美術館に出るような年代ものの着物が、すばらしい保存状態でたくさん並んでます。一番キレイだなーと思ったのは、京都の糸目友禅染めの袱紗 (ふくさ)。染色された技術も去ることながら、明治に染められたにも関わらず状態がよく、発色もいまだ鮮やかで、純粋に美しさ感動して写真を撮らせてもらいました。今同じものを染めたら、いったいおいくらになるのか・・・、考えただけでも恐ろしい (- -;)

ランチは、会場となったホテル内にある、神戸吉兆で懐石コース料理を用意していただきました。自分たちだけじゃ絶対に入らないであろうお店なので、新鮮でおいしかったです。こちらも自腹だといくらくらい掛かるのか・・・想像もつかない庶民なのでした (^ ^;)

担当の営業さんに招待されただけだったので、特に高価な着物を購入することもなく、おいしいところをいただいて帰ってきました (^0^) キレイなものを見て、おいしいものを食べて、きっと胎教にもいいだろうなーと、しみじみ感じる今日この頃なのでした。
[PR]

by pomu7 | 2008-10-18 22:33 | 観る物

青春はまぶしい

c0044323_91656.jpg我が家のすぐそばにある、私立桐光学園。
今年の高校野球、二年ぶりに神奈川県代表に勝ち抜き、このところ、ご近所はかなりの応援ムード。写真のようなポスターが至る所に貼ってあるのです (^ ^) 地元大阪も、近所に高校野球の強い高校は多くて、よく応援しました。ただ、今のお家周辺かなりローカルな地域のため、甲子園出場のおかげで、まさに応援一色という感じ。なんだかみんなお祭り気分で、楽しいです。

そんなわけで、明日の第一試合が初戦。テレビの前にいられないのが残念だけと、絶対応援しないと~と意気込んでいます!!試合前日の今日、夕方駅前に人がいっぱい集まってるなぁと思っていたら、今から大型バスが出して、甲子園まで応援に行くのだとか。選手の家族が中心のようですが、なんだか青春って感じ。

このところ、高校野球など、高校生のスポーツを見ると、なんだか涙が出そうになります。単に歳を取っただけなのかもしれないけど、青春がなんだかすごく眩しいんですよね (T_T)
[PR]

by pomu7 | 2007-08-13 22:10 | 観る物

夜桜

c0044323_11413555.jpg表参道あたりをお友達と歩いていたら、骨董通りのいっぽん北側、小原流会館の裏手の細道で、大きな桜の木を見つけました (あまりキレイな写真ではありませんが)。ビルに囲まれて一本だけポツンと咲く、すでに "五分咲き" くらいの桜。道行く人がみんな上を見上げているので、自分もついつい立ち止まって写真を撮ってしまいました (^ ^)

1 年の内 2 週間くらいしか咲かない桜。長い間からだの中で溜めに溜めたエネルギーを一瞬の内に燃やして散っていくその姿には、"はかなさ" や "もののあわれ" 的なものを感じさせるらしく、そういった感情に心を動かされるのは日本人特有の感性なんだとか。確かに、海外で、これほど国中に桜の木が植えられてる国を聞いたことがないし、毎年桜の季節になると、桜を見上げて立ち止まって 「日本の春ってステキだなー」 なんて感じてしまうかも。

昔ほど、道端で立ち止まったりすることが少なくなった今日この頃。キレイなものを見て 「キレイー」 と感動できる心は、いつまでも大切にしたいなー。
[PR]

by pomu7 | 2007-03-28 21:00 | 観る物

「緋牡丹博徒」でソコヂカラ UP

c0044323_1558485.jpg3 月 3 日桃の節句。とは関係ないけど、会社の先輩に誘われて、渋谷ユーロスペースで開催される 「日本女子のソコヂカラ」 なるイベントに誘われて行きました。

普段着にステキに着物を着こなしをしたい女性たちに向けて、着物が普通に着られていた時代の映画にこそお手本があると提唱した一冊の本を題材に、みんなで昔の映画を観ましょう~といったイベント。当日はイベント初日ということで、アンティーク着物ブームの立役者(?) 豆千代さんのトークショーがあることもあり、会場は着物姿の女性たちで超満員でした (^ ^) 満員で入れないんじゃないかと思っていたのですが、先輩がお昼間に整理券を取っていてくれたおかげで、3 番・4 番という順番で会場に入ることができました。ありがとうございました <(_ _)>

この日の上映は、藤純子主演の 「緋牡丹博徒」。元々良家のお嬢様として育てられた主人公が、父親殺しの仇を討つために "緋牡丹のお竜" と名乗り、全国を旅するというお話。時代を感じさせる出来上がりのショボさは仕方ないとして、確かに着物&主人公の美しさには、圧巻!今まで衣装に見入ったことなんてなかったのですが、なかなか観てみると発見があっておもしろいものでした (^-^) くせになりそうかも。。。

上映が終わった後、来場者の着物を壁際でステキだなーなんて眺めていると、来ていたマスコミのカメラマンが、着物の来場者が豆千代さんを囲んだような写真をリクエストしてきました。挙句の果てに、渋谷の街を着物姿で歩くところを写真におさめたいとか・・・。ラブホテルが並ぶ渋谷の夜を、しゃなりしゃなりと歩く着物女たち。ものすごくアンバランスで、とっても異様な光景でした (^_^;)
[PR]

by pomu7 | 2007-03-03 21:00 | 観る物

クリスマス・イヴの晩に

c0044323_17141442.jpgクリスマスが近くなってくると街の至るところがクリスマス一色に!なんだか街中が浮かれている雰囲気で、ちょっと楽しい。オフィス近くにある IHI ビルには今年は雪だるまが登場!かわいいかどうかはさておき、ウチの会社もこれくらい遊び心のある会社ならいいのになーとしみじみ思います (;´д`)

そんなこんなで、イヴの晩はお家でゆっくりと
M-1 グランプリを見ました。

今年の優勝はチュートリアル。昔は、徳井さんの男前キャラ+福田さんのテカリをいじったそれなりにおもしろい漫才をする芸人さんというイメージで、すごい好きというわけではありませんでした。よく見てた二丁目時代も、見れるなら見たいかなといった程度。でも、今年のネタはおもしろかった!昨年・今年と、徳井さんの妄想キャラが暴走するネタに磨きがかかっててビックリしました。かなーり笑わされてしまった (^^;) 妄想系の徳井さんとキレのある突っ込みの福田さん、キャラが立っててすごくよかった!予選の段階で、今年の優勝は決まったなと思った方も多いと思います。

ちなみに、今回の出場者の枠で、個人的にビックリしたのがプラン 9。4 段ボケ + 1 ツッコミという異色のユニット。まさかこの人たちが M-1 決勝まで出場するとは。。。元シェイクダウン九馬さん&元スミス婦人灘儀さんの組み合わせが何とも言えずツボ ( ̄w ̄) プッ。ネタは万人受けしないかもですが、後から気づく系の即効性のない笑い。かなり好きです。

でで、今年も出ました私の好きな麒麟。予選の漫才はおもしろかったです!年を経るごとに徐々に成長している気がする。ただ、他のコンビに比べ若くて経験が浅いためか、決勝は緊張しすぎでカミカミ。麒麟好きには残念だけど、ぜんぜんおもしろくなかったな ~(-゛-;)~ また来年に期待します。

最後に、笑い飯。M さんは大爆笑しまくりでしたが、私はそれほどでも。あんまり変化がないなぁ。でもまぁ、こういうコンビはずーっと無冠のまま年を経て、おじいちゃんになってまで懲りずに二人で同じネタやってるという方がおもしろい (*^^) 下手に若い時に賞を取るよりも、きっとずっと笑える。

そんなわけで、今年も M-1 は笑わせてもらいました。
東京に出てきていつも悲しく思うのは、おもしろい芸人さんの漫才が頻繁に見れないこと。大阪だと年末年始はもちろんのこと、ちょっとした三連休なんかにも必ず昼間 2~3 時間ぶち抜きで漫才番組を放映しています。東京でやってる昼間の情報番組を全部お笑いに置き換えた感じと想像してください。そんなわけで、M-1 は全国の人に大阪の漫才のおもしろさを知ってもらうチャンス。優勝した人は、漫才をずーっとやり続けて欲しいと思うわけです。
[PR]

by pomu7 | 2006-12-24 19:00 | 観る物

ポインセチアの季節です

c0044323_16521321.jpg週末、実家から母親が遊びにきました!
そんなわけで土曜は二人で東京都内をウロウロ。総柄の小紋の着物が欲しいという母に連れられて、日本橋から銀座から、呉服売り場を歩き回ってヘトヘトになりました (-_-;) 散々高額商品を物色し批評しまくっていた母。結局高額商品はウィンドウショッピングでお腹いっぱいらしく、近所の呉服屋さんで発見した安い反物に満足し意気揚々と帰っていきました。

ところで、私の母の仕事は花やさんです。そんなわけで、毎年季節ごとにいろいろな花をお家に送ってくれます。で、クリスマスといえばポインセチア!今年も真っ赤なポインセチアを、遊びにきたタイミングで持ってきてくれました (^O^) 冬の花としては、私は単純にシクラメンの方が強くて好きなのですが、クリスマス前の時期にはやっぱり街中に並ぶポインセチアがかわいく思えてなりません。

お家に花が増えるだけでテンションが上がってしまう、私。今年こそ、冬の間にポインセチアを枯らさないように育てよう!そう思う、今日この頃です。
[PR]

by pomu7 | 2006-12-02 16:37 | 観る物

最近の気になるもの 2

またまた、近日公開の日本映画のお話。

c0044323_9574614.jpg『椿山課長の七日間』
2002 年に単行本で発売された、私が昔っから飽きもせず読み続ける浅田次郎の小説。激務がたたり脳溢血で突然死したデパートの中年課長が、たった7日間の期限つきで現世に舞い戻ってくるというファンタジー(?)。ただし自分の正体を知り合いに明かすことはできず、美女の姿を借りて戻ってくるため家族に妙な誤解を招いてしまったりする。笑いあり、涙あり、生きる意味をしっかり考えさせてくれる一冊です。

この小説が、西田敏行・伊藤美咲の主演で映画化され、今週末公開です。西田敏行が伊藤美咲で現世に舞い戻ってくるなんて、映画館で予告編を観た時には笑ってしまいました(^O^) 個人的に伊藤美咲の演技力はあまり信用していないのですが、大好きな浅田次郎の映画化なので、おもしろい内容になってばいいなーと思ったりします。

c0044323_10303892.jpg『神様からのひと言』
「オロロ畑で捕まえて」、「明日の記憶」、「僕たちの戦争」の作者、荻原浩の小説。書店で「書店員さんが大絶賛!元気をもらえる本」というオビを見て、思わず買ってしまった本です。再就職後の食品会社でトラブルを起こし、リストラ要因収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった主人公。お客様から電話で要求されるのは無理難題ばかり。。。社内での上司との人間関係がすごくリアルで、ドタバタ劇におもわずプッと吹き出しそうになる一冊です。

週末書店に行った時「ついに映画化!」みたいな広告を見かけました。荻原浩の作品は文章がすごく柔らかくすぐに読めちゃう感じなので、個人的に映像化に向くかなと感じています。もし映画化されたら主役は誰がやるんだろ?と興味津々だけど、まだまだ情報が公開されてないので本当かどうか少し不安。「僕たちの戦争」のドラマ化もなかなか成功だったと思うし、映画化したらかなり気になるなー。
[PR]

by pomu7 | 2006-11-16 10:51 | 観る物

最近気になるもの

といっても、最近の日本映画の話。忙しいというのに、気になる映画が 10 月末に 2 本公開予定なのです(-"-;)

c0044323_17213491.jpg『恋愛寫眞-もう一つの物語』
市川拓司が、堤幸彦監督作品「恋愛寫眞」との共作として 2003 年に書き下ろした小説。「いま、会いにゆきます」の少し前にジャケ買いして、その透明感のある文章に感情移入して引き込まれ、ものすごく感動したのを覚えています。生涯ただ一度の恋。すごーく切なくて、でも読み終わりがなんともすがすがしい作品です。

この大好きな小説が、「ただ、君を愛してる」の題名で映画化され 10/28(土) に公開されます。主演は、宮崎あおいと玉木宏。うーむ、気になる(・へ・;;) 玉木宏は正直男前すぎる気がするのですが、宮崎あおいは意外とはまり役かもと。駅ポスターに載ってる写真は、まさに市川拓司の世界!という雰囲気でした。かなーり、気になってます。

c0044323_17214750.jpg『天使の卵-エンジェルス・エッグ』
直木賞作家、村山由佳の代表作。どこにでもありそうなストーリーなのだけど、村山由佳ならではの繊細で透明感のある文章で、主人公の感情の動きを軸に書き綴られた作品。初めて読んだ時は、感情の純粋さと激しさに感情を揺さぶられました。主人公と境遇が似ていたせいか不安な気持ちがシンクロして、読み終わった後にすごーく泣いたのを覚えています。

こちらの小説も映画化され、今週末 10/21(土) 公開です。主演は、市原隼人と小西真奈美。かなりのはまり役!ただ一言いわせてもらうと、私の勝手なイメージで春妃はショートボブな雰囲気なんです・・・(ノ_-;) コニタンの透明感はかなーり近いのだけど、髪の長さが・・・という感じです。あーぁ、気になる。

さてさて、気になるニ作品。私は映画館に観にいけるのでしょうか。どちらか一本と言われたら、どっちにしようかなー。
[PR]

by pomu7 | 2006-10-18 18:00 | 観る物

擬態

c0044323_12443799.jpg最近お家のベランダでよく見るもの、それは青虫や蝶の幼虫 (^^) 週末ベランダで植物の手入れをしていたら、今週も見つけました。

少し涼しくなって、最近バジルの葉っぱがよく食べられるなぁと思っていたら、バジルの裏に青虫 (たぶんモンシロチョウ) がいっぱい!そんなわけで、先週までに 10 匹以上の青虫を退治 (といっても殺せない) しました。ハーブ系は虫がつきやすいもの。特にスイートバジルなんかは、甘いしどんどん伸びるし、幼虫にとってみればおいしいエサになるのでしょう。

それが今週、大騒ぎの M さんに呼ばれベランダに行ってみると、バジルとは違ってあまり美味しくなさそうなヘデラの茎に、やたら丈夫そうな枝がーぁ。よくよく見ると、食べすぎで丸々と太った幼虫のよう。見事な擬態っぷりに、思わず写真を撮ってしまいました。

それにしても、蝶の幼虫はものすごい食欲 (^^;) バジルの葉っぱは穴だらけ。ヘデラの葉っぱが茎一本分根こそぎ。大きいアマリリスの葉っぱには、栄養いっぱいでものすごい大きさに成長した幼虫が隠れてました。お家に蝶がたくさん飛んでくるのはうれしいのですが、さすがにこれだけやられると凹むなぁ。
[PR]

by pomu7 | 2006-10-15 10:00 | 観る物

新装開店

2006 年 1 月より、実家の花屋さんが新装開店しました。
というわけで、年始に M さんとお店を訪れてみることに。

実家とはいえ、母親が経営をしているこのお花屋さん、実際住んでいる場所からは車でしばらく走ったところにあります。つまりお家が二軒あるわけなのですが、面倒くさいので、いつも実家と表現してしまいます(^^;;

新しいお店は、白い壁に赤い窓枠などなど、白と赤を基調とした配色になっておりました。鉢物を扱うことが多いため、商品はほとんどグリーン。"白 + 赤" という配色は、この鉢花のグリーンによく合うようです (^_^)

c0044323_16345699.jpg
c0044323_1635499.jpg
c0044323_16351442.jpg
※ 年末年始お休み中のため、商品が少なく閑散としています。

うーむ。
改装前は下町の園芸店という風情だったのが、改装後は割とオシャレな雰囲気に出来上がっている。お店のカウンターにパソコンも導入したし、どんどんハイテク化していくのではないかー???


と思っていたら・・・・・

未だプロバイダーとは契約していないのだとか。

メカにチョー弱い私の母親。買ってあげたパソコン、まったく触ってません(ーー;) パソコンの用途は、もっぱら兄の DVD 観賞用、もしくは父の年賀状印刷用。。。。

実家にインターネットが導入される日は、・・・・遠いようです。
[PR]

by pomu7 | 2006-01-03 16:26 | 観る物